10年

東京でのピラティスクラスの終わりに、次のクラスで準備をしていた女性に声をかけられた。

『覚えてますか?〇〇です。」誰だったかな、、、あ〜〜〜〜!!!「〇〇ちゃん!!」声をかけてくれなかったらまったく気づかなかった。

というのもこの女性というのは、
10年ほど前にバレエを教えていた時は小学1、2年生の小さな女の子だったの。今は17歳だそうでハツラツと可愛いらしい女性になっていて、、ただただ感動。。そして時の流れの無常さを感じた瞬間。。私も10年経ってるんだよな。。。。

あの頃踊っていた女の子が今も踊っていることが何よりも嬉しいこと。人生で継続できる何かがある人は強いのではないかと思う。人によっては大人になってから見つけていい、自分にとって細く長く続けられる何か、自分が自分で居られる何か、を持てることは幸運なことだと思う。

ほんと人生あっという間なんだよな、、、1日1日楽しんで生きよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です