10月22日テクノロジーとダンス

尊敬するスーパーダンサー平山素子さんにお話いただき面白い企画に参加することになりました。

アバターが踊る、そのアバターを私が踊る。

ダンス創作へのモーションデータの利用”リサーチパフォーマンス

個性豊かな3人の振付家(坂田守、石渕聡、平山素子)が、研究のために独自開発した振付シミュレーションソフトを使用してコンテンポラリーダンスの小品を創作し発表いたします。
振付に使用するソフトウェアは科学研究費補助金を受けて開発されたもので、 プロダンサーの演技をモーションキャプチャでデータ化し、それをいったん分解してから自由に選んで組み合わせることで、まったく新しいダンスの動きを作り出すためのコンピュータプログラムです。

動画↓

日 時:2017年10月22日(日)14時~16時

場 所:神楽坂セッションハウス

参加料:無 料(50名までの予約制)

内 容:

1.ソフトを使って創作したコンテンポラリーダンス小品の上演

振付:石渕聡【出演:石渕聡、望月崇博、竹内春香、村上結萌】

振付:坂田守【出演:坂田守、藤森美貴子】

振付:平山素子【出演:カスヤマリコ

(上演順は未定)

2.モーションデータを利用した振付シミュレーションソフトの紹介

3.パネルディスカッション

出席:石渕聡、坂田守、平山素子、伊藤直子(セッションハウス)

司会:海野敏
申し込み方法:次のアドレスまで(1)氏名、(2)ご所属、(3)人数、をご連絡下さい。

(個人情報は、今回の研究発表会以外で使用いたしません。)

 予約専用メールアドレス:20171022@motionlab.jp

 予約締切:10月19日( 木)
主催:海野 敏(東洋大学)、曽我麻佐子(龍谷大学)

問合せ:umino@toyo.jp(海野)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です