Blog

踊ってみるWS Aグループ最終日

最終日ということもあって、踊ることに気持ちが持っていかれますが
いつものようにまずはバーレッスンで基本の体づくりから始めます。
バーレッスンの集中や立ち方などとてもよくて、WSの影響があるのよねと思っています。
カラダの使い方や理解が(無意識かもしれないけど)深くなってきているような。
もちろんバーレッスンだけでもそのようなステップアップは日々みなさんに見られるのですが
特にWSはいつもと違う角度からのバレエのパを体験し、またそれを何度も繰り返すからなのではないかな。
ワークショップはたったの4回ですからまだまだよくなるところやもっとやってほしいこともありますが、この短い時間で2曲を覚えて踊りきったことがまず素晴らしいし、短い期間でそれぞれの変化が見られたのがとても感動でした。とても面白かった。
3人の踊りは最終日の変化がとても大きくて、最後の発表の前に何度か練習をしたのですが、やるたびに一緒に踊る人の空気を感じながらみんなで踊るという意識が深くなっていったように見えました。
それぞれのソロ作品は前回できなかったところを克服したり音楽が聞けるようになったり動きの大きさが出てきたりやればやるほどよくなっていきました。とはいえ発表の時は緊張の中で間違うこともスムースな動きにならなかったところもありましたがそれもまたこの発表の面白さ。レッスンでは得られない心と体のコントロールを実感できたのではないかなと思っています。それに課題ができてまたバーレッスンがおもしろくなりますね!
最終日終わっちゃうのが寂しいなという声も聞けてうれしいし私もそう思います。
この濃密なダンスの時間が普段のレッスンに活きてきてますます面白く思える時間になっていけばいいなと思っています。
Aグループの皆さんお疲れさまでした!また踊りましょうー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA