Blog

長野県上田市にてタバマ企画

上越新幹線に乗って長野県上田市へ。タバマ企画と上田市民ダンサーたちとの公演を観にいきました。今回は出演ではなく観るほう。なのでとても楽しみに観光かねて行ってまいりました。

NHKの大河ドラマ、真田丸のあの街ね

公演前に、街中を観光。知らない街を散策するのは楽しい。町のすぐそばに山があり、上田城址があって緑がたくさんある。空気が澄んでいて町歩きが気持ち良い。

町の中はそんなに人がいなかったけど、ダンスを見に来る人はたくさんいて客席は満席!ダンスを見る人々が多い町はとても嬉しい気持ちになります。なんといってもダンスは人が見に来てくれなければはじまりません。

ひさびさに踊る側ではなくて見る側でいるのはとても新鮮で、なかにいると気づかないことが見えくる。市民ダンサーも短時間できっとたくさんの新しい身体言語を入れて、大変だっただろうとおもうけれど、思いっきりやるぞーみたいなエネルギーが感じられた。それはみてて気持ちが良い。

ダンスを見る面白さは体からでるエネルギーを体感する、受け取ることだとおもいます。踊るとはどういうことだろう、と考えるけれども体の技術を超えたところにあるものを体を通して、出す、というか、出てしまうものなのかな、と。その境地に行くにはなかなか時間も思考も鍛錬も必要なんだよな。。。。心にグッとくるものをたくさん見ていきたいという私の欲求は常にあって、でもそうそう簡単に出会うわけではない。見るがわのコンディションもあるしね。ダンスだけでなくて世の中にあるすべてのものへの審美眼をもって心に栄養をもらっていきたいなー。楽しもう~。

上田滞在、歩いて歩いてやっと見つけた蕎麦屋さん。
一日の締めの蕎麦、、美味しかった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA