Blog

体の中心が動きを左右する

普段と違う生活が3ヶ月ほど経ちました。
どんな心身の変化がありましたでしょうか。なかった方もいるかな。
一見体はさほど変わらない方も予想外の心にくるストレスもあるのではないかと思います。見えない敵ではありますが、のほほんとはいられない状況が周りに起こっているわけですから。以前の体の感じとは違う方、なんとなく気力が湧かない方などもいらっしゃるのかなと思います。

逆に今まで体を酷使していた方は体は休まっているかもしれない。しっかり休んでしっかり整えこの長い闘いに負けない体をリニューアルできるかもしれない。

この期間に色々な変化があったのではないかと思っています。

また長い休みやステイホームによって、今までできなかったこともできる!この時期だからこそやろう!とポジティブな思考に変えて生活を送っていた方も多いと思います。その中の一人は私です。
しかし先日、、、初めての腰椎椎間板症、左股関節症、坐骨神経痛、との診断、つまり、通称ぎっくり腰になりました。

以前に比べて運動量が多いのかといえばそういうわけでもない、かといってエクササイズを怠けていたかといえばそうでもない。
本当に、、突然やってきた感じです。

こんなに痛いものなのかと悲しさと辛さの中、冷静に痛みを分析する自分もいました。現在は痛み止めの点滴や安静の時間を増やしたことで回復しています。
怪我をすると身を以て知ることができます。
骨盤は体の中心。ここに不具合が起きると昨日とは全く違う体の感覚になり、当たり前にできていたこと、動けていたことがすごいことだったかのように思います。靴下を履けないという非日常!立つも座るも寝るも歩くも全て腰にきます。体の動きに敏感になります。
ともかく、、、センター!大事!です。
腰の不調は様々な要因があって、人によってどう治療していくかは違いがあります。これから直していく過程で何が自分の癖でどうやったら今後の体がより良い状態になり継続していけるのか、身を以て学びたいところです。

ちなみにクラスは行なっております。
今は大体の動きができるようになってきていますが様子を見ながら進めさせていただいています。

いつもありがとうございます☆


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA